アクセシビリティ配慮型テーマ WAIproCSS 2.6.0 for 2.0.0 を発表しました。

  • 2013年May18日(Sat) 12:38 JST

アクセシビリティ配慮型テーマ WAIproCSS2.6.0を出しました。

2013年4月14日にリリースされたGeeklog 2.0.0-extended-jp-1.0日本語パッケージ拡張版に入っているWAIproCSSと同じものになります。

続きを読む (23 ワード)

  • この記事をfacebookでシェアする
  • この記事をtwitterでRTする
  • 記事を友人にメールする
  • 印刷用ページ

2013年も宜しくお願いします!

  • 2013年January 4日(Fri) 20:20 JST
おしらせ

新年明けましておめでとうございます!

続きを読む (6 ワード)

  • この記事をfacebookでシェアする
  • この記事をtwitterでRTする
  • 記事を友人にメールする
  • 印刷用ページ

レスポンシブWebデザインのテーマ「newspaper」でGoogle MAPが表示されない件

  • 2012年August11日(Sat) 22:20 JST

「レスポンシブWebデザインのテーマ「newspaper」でGoogle MAPが正常に表示されない」とユーザーのかたからご指摘があったと@ivyjpさんからfacebookのGeeklog Japaneseに連絡があったので、この問題を解決するべく、早速原因調査を開始しました。

続きを読む (23 ワード)

  • この記事をfacebookでシェアする
  • この記事をtwitterでRTする
  • 記事を友人にメールする
  • 印刷用ページ

アクセシブルな電子書籍作成にチャレンジ・広報とよなかepub

  • 2012年July 6日(Fri) 03:04 JST

あるアクセシビリティの勉強会でお会いした@StudioCORE_ さんが部長をされているイーパ部のお話を聞き、私も電子書籍にはずっと興味があったという話をしたところ、なんと@StudioCORE_さんからFacebook経由でイーパ部にお誘いいただきまして、第11回から参加させていただく事になりました。

イーパ部第11回は、Skypeで東京組と繋いで自己紹介から始まりました。関西組は、2つのチームに別れその中で何を電子書籍化するか話し合ったところ、私が入ったチームAは大阪府豊中市の広報誌と浄瑠璃の写真集の2つを作成する事になり、チームAの中でまた2組に別れ3人組で作業する事になりました。私が実際作業するのは広報紙のほうで、グラフィックデザイナーの@ako_yさんと編集のお仕事をされている@mori_taksiさんと大阪府豊中市の広報誌「広報とよなか」の2012年4月号のデータを使用させていただき、その中から特集(4〜9ページ)、お知らせ(12〜46ページ)の中の何ページか、夢はオリンピックで金メダル(46ページ)あたりを抜粋して電子書籍にする事に決まりました。目標は「アクセシブルでマルチデバイス対応のEPUB形式の広報誌を作成する」です。

チームのメンバーとコミュニケーションを取ったり情報を共有したりと作業を進行していくのにサイボウズLiveを使いました。@delight_d さんがサイボウズLiveのグループを作成してくださり、これで準備万端です。

続きを読む (167 ワード)

  • この記事をfacebookでシェアする
  • この記事をtwitterでRTする
  • 記事を友人にメールする
  • 印刷用ページ

無料のEPUB自動生成サービスを試してみました。

  • 2012年June 3日(Sun) 16:46 JST

私は電子書籍にもずっと興味がありまして最近、電子書籍をEPUB形式で作成する勉強をしている中、お友達のヴィヴィさん(@jj3vev さん)がFacebookでアウトプットされていた「イースト、EPUB固定レイアウトに対応した無料のEPUB自動生成サービス開始」という情報を見て 「これまた簡単にEPUB形式の電子書籍が作れるけど、肝心なVoice Overの読み上げはちゃんと出来るの?」と思い試してみる事にしました。

続きを読む (67 ワード)

  • この記事をfacebookでシェアする
  • この記事をtwitterでRTする
  • 記事を友人にメールする
  • 印刷用ページ

アクセシビリティの勉強になる「音訳マニュアル」を読んで

  • 2012年April10日(Tue) 00:18 JST

WCAG 勉強会@関西で紹介されていた「音訳マニュアル」を購入して読んだのは、適切な代替テキストを書くための勉強になると思ったからです。WCAG 勉強会@関西で初めて紹介された時にはアクセシビリティとの繋がりがあると思えなくて買ってまで読もうという気持ちになれませんでした。

けれど、別のアクセシビリティの勉強会で再度この本を紹介された時に「やはり買って読んだ方が良いな」と思い本を購入しました。読んだ感想ですが、自分が思っていたよりも音訳は奥深く簡単ではないという事です。イコールwebサイトに携わる人は一読した方が良いという事です。

続きを読む (17 ワード)

  • この記事をfacebookでシェアする
  • この記事をtwitterでRTする
  • 記事を友人にメールする
  • 印刷用ページ