EPUB2の電子書籍広報とよなかをEPUB3にしてみました!

  • 2014年April19日(Sat) 13:18 JST
  • 投稿者:
    みるく

イーパ部EPUB2の電子書籍「広報とよなか」を作成した時からEPUB3形式で電子書籍を作成したいと思っていたので、EPUB2の電子書籍「広報とよなか」をEPUB3形式にしてみました

続きを読む (42 ワード)

  • 記事を友人にメールする
  • 印刷用ページ
  • この記事をtwitterでRTする

Techniques for WCAG 2.0とUnderstanding WCAG 2.0の更新(ドラフト)をチェックしようよ!

  • 2014年February 3日(Mon) 13:50 JST
  • 投稿者:
    みるく

Techniques for WCAG 2.0Understanding WCAG 2.0が更新(ドラフト)されたと知ってからチェックしないとと思いつつもなかなか出来ずにいたのですが、Techniques for WCAG 2.0とUnderstanding WCAG 2.0のEditors' Draftに対するレビューの呼びかけ | アクセシビリティBlog | ミツエーリンクスの記事を読み、「もうチェックしておかないと」と思い、変更・追加された部分を全部読みました。

続きを読む (909 ワード)

  • 記事を友人にメールする
  • 印刷用ページ
  • この記事をtwitterでRTする

2014年もよろしくお願いします。

  • 2014年January 6日(Mon) 09:00 JST
  • 投稿者:
    みるく
おしらせ

2013年も多くの方にお世話になり、感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。仕事も勉強もアクセシビリティ中心に行う事が出来、得るものが多い年になりました。

2014年は…

続きを読む (5 ワード)

  • 記事を友人にメールする
  • 印刷用ページ
  • この記事をtwitterでRTする

リニューアルして情報が得られなくなったというサイトを調べてみた

  • 2013年December 6日(Fri) 00:41 JST
  • 投稿者:
    みるく

Web Accessibility Advent Calendar 2013 に参加させてもらいました。本日、6日目です。
http://www.adventar.org/calendars/64
この記事は今年の1月に書いてたのですがお蔵入りするところをアドベントカレンダーのneotag さんの記事を読んで「この記事公開できる!」と思い今に至ります。記事を書いた時からかなり時間が経っているので記事の内容が改善されているかどうか再度調べています。では…

全盲の友達Aさん(以下Aさん)が「いつも利用しているサイトがニューアルしてから使えなくなった。たぶん視覚的情報を得られる人でも使い難いんじゃないかと思う」と教えてくれたので早速調べてみる事にしました。

続きを読む (29 ワード)

  • 記事を友人にメールする
  • 印刷用ページ
  • この記事をtwitterでRTする

まにゼミP9「知っておきたいアクセシビリティ最新事情」に参加してきました。

  • 2013年September 5日(Thu) 22:42 JST
  • 投稿者:
    みるく

2013年8月2日「まにゼミP9「知っておきたいアクセシビリティ最新事情」」に参加してきました。

続きを読む (21 ワード)

  • 記事を友人にメールする
  • 印刷用ページ
  • この記事をtwitterでRTする

Re:Re: 公的機関Web担当者のためのアクセシビリティセミナーin大阪 ~JIS X 8341-3:2010 対応のすすめかた~に参加してきました。

  • 2013年September 2日(Mon) 13:59 JST
  • 投稿者:
    みるく

kazuhitoさんが、私が書いた「公的機関Web担当者のためのアクセシビリティセミナーin大阪 ~JIS X 8341-3:2010 対応のすすめかた~に参加してきました。」の記事で疑問を投げかけていた件について、ウェブアクセシビリティ基盤委員会の委員会を代表してではなく、あくまで個人的な考えとして回答記事「Re: 公的機関Web担当者のためのアクセシビリティセミナーin大阪 ~JIS X 8341-3:2010 対応のすすめかた~に参加してきました。 | 覚え書き | @kazuhito」を書いていただきました。 私が記事を書いてすぐにご返答頂けた事、心より感謝しております。ありがとうございました。

ご返答いただいた内容の中で自分の中でひっかかる事がありましたので、その点を含め 再度ここに書かせていただきます。

続きを読む (41 ワード)

  • 記事を友人にメールする
  • 印刷用ページ
  • この記事をtwitterでRTする