本文へ


Geeklogのアクセシビリティ配慮型テーマ「WAIproCSS」は引退します

  • 2015年December22日(Tue) 21:44 JST

テーマ「WAIproCSS」のベーステーマである Phizeさんが開発されたテーマ「ProfessionalCSS」がテーマ「Modern curve」に取り込まれ引退した事を受け、テーマ「WAIproCSS」も dengenさんが開発されたGeeklogのデフォルトテーマ「Denim」にアクセシブルな所をかなり取り込んでいただいている事からアクセシビリティ配慮型テーマとしてリリースしてきた テーマ「WAIproCSS」も引退することになりました。

この度リリースされたGeeklog2.1.1からテーマ「WAIproCSS」は梱包されておりませんので、 「WAIproCSS」及びその派生テーマをお使いのかたは、「Denim」をお使いください。 また、「ProfessionalCSS」をベースに作成したテーマをお使いのかたは、「Modern curve」をお使いください。

尚、どちらの派生テーマもベーステーマのファイルを(「WAIproCSS」のファイルを「Denim」のファイルに又は「ProfessionalCSS」のファイルを「Modern curve」のファイルに)置き換えるただけでは対応出来ませんのでご注意ください。(最低でもCSSのカスタマイズが必要になります)

「Denim」をよりアクセシブルにする為に、Geeklog2.1.1の「Denim」には「WAIproCSS」で独自改良していたアクセジブルな修正を加えております。
また、この修正を本家に取り入れてもらう為に Geeklog Bugtrackerに要望を出しているので、次のバージョンから取り入れてもらえる事を期待してます。

今回のテーマ「WAIproCSS」の引退を私は大変うれしく思っています。なぜなら、GeeklogではわざわざアクセシブルなテーマとうたわなくてもGeeklogのデフォルトテーマ「Denim」がアクセシブルであるからです。つまりアクセシブルである事は特別な事でなく普通の事になってくれているからです。

Geeklogの管理画面の記述はテーマ側で改良する事が可能なので、Geeklogを使うかたがたにとってもアクセシブルになっています。その事からも「Denim」を使用したGeeklogは、User Agent Accessibility Guidelines (UAAG) 2.0 に対応しうるものになっていると言えるでしょう。(まだすべてに準拠しているという訳ではありませんが…)

テーマ「WAIproCSS」及びその派生テーマを今までお使いいただき誠にありがとうございました。 これからは、より優れたテーマ「Denim」を使ってアクセシブルなサイトを構築していただければ幸いです。

最後になりましたが、偉大なるテーマ「ProfessionalCSS」お疲れ様でした。「ProfessionalCSS」の記述は今も受け継がれているという頑健性のあるすばらしいテーマです。このテーマがGeeklogになかったらテーマ「WAIproCSS」は生まれていなかったでしょうし、アクセシブルなテーマを作成する事も出来ませんでした。
私にたくさんの事を教えてくれたテーマ「ProfessionalCSS」には心から感謝しています。今まで本当にありがとう。
そして、「WAIproCSS」をGeeklog日本語拡張版に梱包する際ご尽力いただきました開発者のかたがたには今でも感謝しております。
私の意見に耳を傾けGeeklogをアクセシブルにする活動を応援してくださった皆様の為にも、GeeklogがアクセシブルなCMSであり続けるよう 私に出来る事は行っていきたいと思っておりますので、今後もよろしくお願いします。