本文へ


日本語翻訳版の「カラー・コントラスト・アナライザー」の2.2が公開されています。

  • 2008年December26日(Fri) 13:50 JST

WCAG2.0の勧告に伴いWAT-Cが開発を行っているツール「Contrast Analyser」の新しいバージョンが公開されています。

日本語翻訳版の「カラー・コントラスト・アナライザー」の2.2バージョンも同様に公開されています。

私は、今までバージョン2.0を使用していたので すぐにバージョンアップされた2.2に変えました。
カラーチェックには、何種類かのソフトを使用しているのですが、最終確認にはこのカラー・コントラスト・アナライザーを使用させていただいてます。

WCAG2.0で最小コントラスト比の基準が5:1から4:5:1以上に変更されたのですが、カラー・コントラスト・アナライザー2.2ではその最小コントラスト比4:5:1以上あるかどうかを確認する事が出来ます。
また、色覚特性ごとの結果を表示する事も出来るようになってます。

色差についての説明もカラー・コントラスト・アナライザー 2.2 日本語版のページで詳しく記載されています(計算式等)ので、ぜひ一度ご覧ください。

WCAG2.0勧告になり、それに対応するべく、すぐに開発ツールもバージョンアップされるという事はすごい事だと感じております。
開発者の皆様に感謝の気持ちでいっぱいです。